医療法人社団 常磐会 渡辺 昭 医院 東京都葛飾区新小岩2-19-15 TEL. 03-3651-6500
「検査は楽に正確に」、「説明は判りやすく丁寧に」を第一に、より良い医療を提供できるよう努めております
大腸内視鏡・日帰り手術
大腸内視鏡・日帰り手術 これまで「ポリープをとる」というと、地域の基幹病院や大学病院ですら2泊3日、短くても1泊入院して行われているのが実状でした。しかし最近では患者さんの精神的、経済的負担、および医療費節約の目的もあり「日帰り手術」が推奨されています。では本当に入院しなくても大丈夫なのでしょうか?当然の事ながら、ポリープの大きさ、形また数にもよりますが、基本的には「入院は必要ないもの」と考えています。経験を積んだ内視鏡専門医が慎重に行えば、事故はほとんどありません。もちろん万が一の緊急事態に対応するだけの設備と後方病院の確保が必要なのは言うまでもありません。 当院では大腸内視鏡を使って、ポリープや癌を切除する時には、どんな形のものであっても、まずポリープの直下に生理食塩水を注入し病変部十分に盛り上げてから、切除します。これによって、不十分な切除やポリープを灼くときの熱が腸壁に伝わらないようにしているのです。「手間は掛かっても安全で確実に」が一番大切です。生理食塩水の注入やポリープを切除するときには痛みなどは全くありません。また切除後には必ずその切除断端を「止血クリップ」で縫合してしまいます。これによって、術後の出血や腸に穴が開く(穿孔)をいう事態を大幅に減らすことができます。

当院で行った実際の症例

当院で行った実際の症例 pic.1「S状結腸にできた隆起型の早期大腸癌」
pic.2「病変部の直下に色素液を混ぜた生理食塩水を注入したところ」
pic.3「病変部を切除したところ」
pic.4「切除断端を止血クリップで縫合したところ」

質問コーナー

1、「日帰り手術」の費用はいくらくらいかかるの?
胃や大腸の内視鏡的ポリープ切除術は全て保険適応となっています。大腸ポリープのの切除は2010年4月の改定では「ポリープの大きさ」、ポリープの出来ている「場所が何カ所か?」(ポリープの個数は関係ありません。)によって異なります。

「大きさ」については2cm以上か、2cm未満かで変わります。2cm以上の大きなものは、一般的に頻度はさほど高くありませんが、殆どガンを合併しています。費用はは3割負担の方で25000円ほどです。一方、切除するべきポリープの大部分は2cm未満でこの場合は3割負担の方で19000円ほどです。

「場所」については「盲腸」、「S状結腸」、「直腸」はそれぞれ一カ所、「上行結腸〜横行結腸〜下行結腸」はどこに何個出来ていても一カ所です。ちなみに場所の数が増えると、一カ所について3000円ほど増えます。また、静脈麻酔を併用した場合には、さらに2000円ほど増えます。

また手術の時間は、ポリープの数や出来ている場所にもよりますが、10分から30分くらいで終わります。
2、「日帰り手術」の前後は普通の生活でいいの?
★手術するまでの注意
 ワーファリンや血栓の予防薬、いわゆる血液サラサラの薬(バイアスピリン、小児用バファリン、ペルサンチン、パナルジン、プラビックスなど)、消炎鎮痛剤(痛み止め、解熱剤、かぜ薬)などは血を止まりにくくする作用がありますので、これらのお薬を服用中の場合は必ず院長にお伝えください。

★手術後の注意
 切除した部位は電気焼灼によりできた潰瘍となります。稀にその潰瘍から出血、穿孔(腸に穴が開くこと)などの合併症を起こすことがあります。出血は術後3日以内、穿孔は7日以内に最も多いとされています。 手術後1週間は、あくまでも手術なので、切除当日は自宅で出来るだけ安静にしていて下さい。日常生活はまず大丈夫です。出血予防として術後7日間は消化がよく柔らかい食事、線維質(野菜や果物)の少ない食事を心掛け、アルコール類は避けて下さい。入浴は避け、シャワー程度にしてください。穿孔予防として術後7日間は安静を心掛け、運動(ジョギング、ゴルフ、自転車等)や力仕事、出張・旅行などの遠出は控えて下さい。お腹に力を入れないことが重要です。
 万一、血便・腹痛・発熱(37℃台後半以上)などがみられたときは、当院に連絡し院長の指示を受けて下さい。
3、合併症はないの?
日本内視鏡学会の報告(日本消化器内視鏡学会誌:2000年3月)によると、出血や穿孔の発生頻度は、大腸内視鏡検査で0.04%、大腸のポリープ切除術・粘膜切除術で約0.14%と報告されています。
出血は多くの場合、内視鏡を使って止血をすることが可能です。出血量によっては輸血や止血が出来ない場合には手術になります。
穿孔の場合、小さいものであれば、食事をとらずに抗生物質の投与と安静で治ることがありますが、多くの場合は手術になります。
当院では合併症の発生を少しでも防ぐべく、全てのポリープの切除断端を止血クリップを使って縫縮しています。 また江戸川病院外科(江戸川区東小岩)、東京都保健医療公社東部地域病院外科(葛飾区亀有)、同愛会病院外科(江戸川区松島)などと緊密に連携をとっており、万全の対応が出来るようにしています。